四万十川の青のり

これは青のりでも春に一時期だけ収穫される春のり。毎年春に採れる訳でなく、のりが良い年のみに繁殖します。とっても気まぐれ・・・また、春は気温も高く、のりが傷みやすく、さらに天候も不順で収穫があっても綺麗に干せるとは限りません。

しかし、一面草花達が一斉に芽吹く中、春の香りと風を感じながらのりを干すのは、真冬の寒風吹きすさぶ中で干すのとは一味違った気持ちよさがありますね。

私達漁師は、良い製品に仕上げる為にそれこそ不眠不休に近い苛酷な状況で頑張っています。

青のりは本当に大変な仕事で明け方から夜中まで冬の間は毎日川で寒風にふかれて頑張っています。

この仕事ぶりを見学した人々は皆一様にがんばってるねえ~と慰めに近い言葉をくださいます。が、その後にたいてい大変すぎて(嫌、嫌)ってつぶやいて去ってゆきます・・・

関連記事

  1. 四万十川の天然スジアオノリの特別番組を高知放送さんでやってくれました。以前、川エビでも同じ番組のコー…
  2. 今年の冬は本当に寒かった。しかし、昔は四万十市、中村の冬の寒さはこんなもんだったらしいです。近年温暖…
  3. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  4. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る