高知新聞に掲載されました。

高知新聞にて、Iターンで四万十川の川漁師になったお話です。
ここ、四万十へ来ることになった理由、なぜ、漁師を目指したのか、そのバックグラウンド。漁師になってからの葛藤や、苦労。
四万十川にて報われたこと、出会った人達の事、川を知ること、これからの四万十川の為にするべきことや、取り組むべきこと、
などなど、沢山のインタビューのなかで高知新聞の記者さんが一生懸命まとめてくれました。

1417087508977

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る