高知県西部の海は宝の山!

四万十のある高知県西部、ここを高知県幡多郡といいますが、高知県西部の海はすごいんですよ
黒潮がまともにぶつかってきますので、沢山の魚種が集まってきます。
有名なのはカツオ、でも、それはほんの一部。あれやこれやと名前を出したらキリがないほどの美味い魚ばっかりなのです。
さ~て、今夜は何か刺身でも食おうか?ってときは、近所の産直直売の店に向かいます。
海が荒れていたら、それこそなんにもないのですが、凪の日が続いていると、大抵は沢山の魚があります。
こないだなんか、定置網にかかった200キロのクロマグロがそのまま入ってきて、店の中で解体ショーが始まりました。
魚大好きの自分はお店の大将とも仲良くさせてもらってて、いつも最高の魚を勧めてもらっています。
ここは魚だけでなく、周辺の農家さんも朝どれの野菜を沢山出荷していきます。
とにかく活気のある魅力的なお店なのです。
幡多郡では、朝どれの魚以外は値が下がります。越し、と呼ばれるのは、昨夜、要は朝の前の夜、ですね。全然新鮮ですが、やっぱり評価が下がります。
前日となると、もうあまり刺身にされません。前々日のなど誰も手をだしません。普通、首都圏では最速でも一日前が多くて前々日は当たり前でしたが、
こちらの魚は最上級のものを最速で食べれるので日本一!じゃないかと思えるほど美味いのです。
この日はバショウカジキが一匹丸ままで入荷してました。かっこいい魚なので写真をパチリ。
バショウカジキをこちらではナイラゲ、と呼んで、刺身で食べます。なかなか美味しいんですよ。

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る