四万十川 鮎漁も終わりました。

10月15日で四万十川の鮎漁が終わりました。 これから残された鮎たちは産卵の準備に入ります。本流、支流から次々と下流域に産卵のため川を下ってきます。
今年の四万十川はここ数年では珍しいほどの鮎の当たり年でした。そしてなんといってもそのサイズたるや、凄かったのです。尺鮎なんてざらにとれたそうですよ。
私は九月いっぱいウナギ漁で忙しく、鮎の火振り漁に一度手伝いに行ったきりでしたが、それはびっくりするような大きさの鮎が採れていました。クーラーボックス満杯!
10月に入り、ようやく投網で鮎をギッチリ追い回そうと思っていた矢先に指を大怪我してしまい、投網を投げれなくなってしまったので、本流の鮎は今年はそれっきり・・・・・・・・・
支流の小さな川で小鷹網という投げ網なら何とか投げれるようにまで回復したので、ちょこっとだけ行ってきました。
サイズは本流のより小さいですが、味の良い可憐な鮎。次の鮎漁は産卵明けの12月1日から!
それまでしばしお休みです。

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る