四万十川 落ち鮎 漁 解禁しました。

12月1日 四万十川は落ち鮎の解禁になりました。今年は鮎の量が多くて豊漁が期待されていましたが、解禁の数日前からおびただしい数の産卵を終えた鮎が死に始めて、どうなることやと思いきや、
どっこいまだまだ鮎は沢山残っていてお陰さまでなかなかの豊漁になりました。
網を投げれば毎回鮎がたっぷりと入る。それは興奮する楽しい時間でした。毎年お師匠さまの奥様が操船でついてくれて、また、この奥様、もの凄いテクニックの持ち主なので、まさに大船に乗った気持ち、とはこのことか!というくらいの安心感でありました。水面の鮎の群れをいち早く見つけて素晴らしい竿さばき、櫓さばきであっという間にポイントまで近づいていきます。
私はただ投げるだけ。そうしたら鮎がバッチリ網に入っているのです。
ものすごい数のカメラが明け方前から岸辺にずらり!こんなにも趣味の写真家が多いのですね!もちろん漁師や遊魚者も沢山繰り出しています。
もうホント、お祭りなんです。
昼までぎっちりやって30キロ近い水揚げでした。
その後、夜の火振り漁では、網から鮎を外すのに明け方5時までかかったとか・・・・それはすごい水揚げ量だったようですよ。
これからしばし、落ち鮎を目を三角ににして追っかける日々が続きます。

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る