そろそろ水も温かくなってきました。四万十川の春。次の漁は・・・

四月も早いもんでもう中頃。連日、ここ四万十市は20度超の暖かい陽気です。もうそろそろ次の漁の準備をしないといけません。なにしろ道具の整備はなかなか手間がかかるのです。

ここ数日、手を入れているのはコロバシ。ウナギ用の漁具です。ウナギの筒、罠、そんな道具ですね。

ウナギにはまだ少し季節が早いのですが、いざ仕掛けるときに慌てないように今から準備に忙しい。まったく川漁師は雑用が多くて気ぜわしいのです。

倉庫には、一見、素人さんが見たらガラクタにしか見えない小物、大物、あれやこれやが溢れていて、自分でも嫌になるくらいいっぱいあります。整理整頓もおぼつかない。気持ちだけが焦ります。

しかし、道具をいじっているときは、心はその先にある獲物を思い描いています。今年はあそこでどうしてやろうか、昨年ダメだった部分をこんなふうに改良してみようか、などと妄想の世界へ。

小春日和の縁側で、そよ風を感じながら道具をいじる楽しみもなかなかですよ。

 

 

関連記事

  1. 四万十川の天然スジアオノリの特別番組を高知放送さんでやってくれました。以前、川エビでも同じ番組のコー…
  2. 今年の冬は本当に寒かった。しかし、昔は四万十市、中村の冬の寒さはこんなもんだったらしいです。近年温暖…
  3. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  4. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る