四万十川の天然うなぎ、天然鰻の漁がTBS系列の番組、お天気バラエティー 屋根の上から人間観測 にて放送されました。

今年の夏は本当に暑かった! ことに、この四国地方、雨が本当に少なく、例年以上に天気には泣かされました。そして結構苦労もしました。なぜならウナギ漁には適度な雨は必須だからです。

七月のとある日に、天気に左右されるお仕事として漁師さんの仕事を取材させていただきたいとの連絡がありました。聞けば大雨に泣かされるというのを主に撮影したいらしい。

しかしながら、ロケの日にちは決まっており、そんなに都合よく豪雨など降るとも思えず、大丈夫なのか?この企画・・・・・と半信半疑でお受けした次第でした。

ロケ日は八月下旬。猛暑のさなか。四万十市が日本で一番暑い日を叩き出したその日からでした。 日照り、渇水。豪雨の真逆・・・・・・ 結局渇水で漁に泣くということで撮影の方は進みました。

確かにこの渇水。川の水がお湯になってしまい、水量も激減。うなぎが自ら巣穴を離れて移動するファクターは皆無。こんな時は実際視点を変えてやるとウナギは獲りやすいのですが、但し、が付きます。

こちらからウナギが居そうな流れをくまなく歩いて、または車で何箇所も移動してまた歩いて探し、短い距離で確実にうなぎを誘い込める流れに仕掛けを置かなければならないのです。

これはとても重労働なことなんです。重たい仕掛けを抱えて谷を上がり下がり。川を数キロ歩くこともしばしば。熱中症の危険と隣り合わせの体力勝負な漁になるのです。水辺だからといっても、物凄い日差しと水からの照り返しです。

発汗量も半端ない。これを毎日。ほんっとにふらっふらになるのです。ウナギをとらなきゃ!という強い使命感がないと、朝起きて体も動かせません。注文に追われて一生懸命に、それと、やっぱりウナギ漁、そしてうなぎの生態に精通したいという気持ちが毎朝体を動かします。食べても食べても痩せていき、体脂肪率は一桁まで落ち込みます。そのうちバテて、食まで細くなる始末・・・・・

そういう意味では天気に苦労しているという取材は成立いたしましたね。二日間 漁に同行したディレクターさんもかなりバテておりました。当然場所によっては付いて回るのさえ困難な場所もありましたので、そんな時には休憩していただきなんとか取材も終わりました。

渇水でもそこそこの漁があって、漁師としてはうなぎの姿をちゃんと見せることができてホッとしていますが、番組的には不漁の部分も撮りたかったようでした。しかし、この日照り、猛暑、渇水が漁を困難にしている部分は伝わってくれたかなぁ?と思っています。

今回の取材もとても真摯なディレクターさんのおかげで無事楽しく終えることができました。よかったよかった。

 

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る