四万十川 支流での川エビ(テナガエビ)漁が高知放送で取材されました。

四万十川支流の美しい山間の集落にて、テナガエビ(川エビ)漁の取材を受けました。
テレビ朝日の番組、日本!食紀行 の取材時に撮影された部分をニュースにも使いたいとのことでした。
この取材の時のカメラを回してくれた方は、真夏の暑い時に、ゴムの分厚い胴長靴を履いて、川底で滑らないように一生懸命撮影してくれました。
撮影の合間に、綺麗な川の水で顔を洗って気持ちよさそうにしていたのが印象に残っています。
そして、アップダウンの激しい山道を重い道具を持って上がったり降りたりして二人でクタクタになりました。
川漁師という職業が大変体力の必要な稼業だということをあらためて実感してくれていました。
この川、ほんとうに美しい。日本にいながらニュージーランドの渓流にいるみたいな感じでしょうか?
もっともニュージーランドにはまだ行ったことはありませんが・・・・・

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る