四万十川 シラスウナギ漁 NHKで取材されました。

四万十川の河口周辺で、シラスウナギ漁を行ないました。当日は、漁師の言う、闇の大潮、で、大潮というのは満月か全く月が出ないかの二種類の月周りなのですが、この時はシラスウナギ漁に最適な闇の大潮でした。なぜ、闇の大潮がいいかというと、明かりを照らして集魚する漁のため、真っ暗闇のほうがより集魚効果が高いのではないかと思われます。月夜、(満月)のときはあまりよくない場合が多いのです。この日も四万十川の河口に沢山の舟や、陸からの漁師が繰り出していました。取材当日は、幸運にも今漁期一番の漁獲でした。沢山のシラスウナギが採れる模様が撮影できました。
深夜にまで及ぶ厳冬期の漁のため、寒さで顔がこわばってしまっていますね。
この日の映像はNHKのシラスウナギの資料映像として、全国で時折放送されているそうです。

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る