高知市内の鰻屋さん 

高知市内には何軒か美味しい鰻屋さんがあります。 その一つのご紹介。駐車場がちゃんとあって行きやすい店でもあります高知市内の 源内 さんへ行ってきました。

ここのお店の特徴は、高知のうなぎにありがちな甘さが控えめであります。そのかわり少し醤油というか、辛さがたっている感じのタレで焼き上げてあり、これはこれで美味しいと思います。

使われている鰻は特大であります。太いうなぎは脂ものっているので、焼き上げた時の、皮がパリッとする感じが際立つので食べごたえがありますね。身の方はふっくら焼きあがっており、これも良い塩梅です。

例えるなら、あんぐりと頬張ると、香ばしくカリッと焼きあがった鰻から強めのウナギのタレとウナギのジューシーな脂とがふんわりふっくら焼きあがった白身から溢れ出してくる、とでもいいましょうか・・・

コメの炊き加減も当日はグッドでした。鰻丼、鰻重はコメの炊き加減が大変重要です。ベチャベチャの、コメが立っていないのに鰻をのっけてしまってはいけません。

鰻は身が肉厚で幅もあり、長さは短めなのでもしかしたらアンギラジャポニカではなくてアンギラアンギラあたりなのかな?とも思ったりしましたが、これについては聞いてないのでわかりませんね、ただ、そんな気がした程度に聞き流してください。しばらく良い水で養生している鰻との表現が、たしかお店の情報にあった記憶があります。

とにかく大ぶりで食った!感満載の満足うなぎです。お値段も良心的。

普段私は鰻には山椒をかけません。 山椒をかけないと泥臭いような鰻は好きじゃないのです。しかし、源内さんの鰻には山椒をかけました。なぜかというと、食べていくうちにこちらの鰻には山椒があうのかな?と思える香りがあるからです。泥臭いとは全く違うのですが、清流のうなぎとも違う。それでおもむろにお店の山椒をかけてみたところ、こちらのお店の山椒の香り高いこと!うん!これはいい、いけます。こちらの鰻にはこの山椒がまっこと合う。

こういう山椒なら鰻も生きてくるってもんです。 お腹いっぱい美味しくいただきました。

高知市に出向いたら、色々な鰻屋さんを食べ歩いてみるのも楽しいですよ!

 

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る