ちょっと遅くなりましたが・・・週刊ジョージア 四万十川のご紹介です。

週刊ジョージアというスマホマガジンをご存知でしょうか? わたしは恥ずかしながら知りませんでした。なにしろ、いまだにアナログ系な漁師。ホームページ更新だって大変なくらいのデジタル音痴・・・

12月のとある一日、寒空の中での落ち鮎漁を取材したいとの連絡がありました。お相手は週刊ジョージアさん。 最初話を聞いた時、頭の中は???マークでいっぱい。どこぞの三流週刊誌(失礼)か?と思った程でしたが、知ってみればなかなか素晴らしいコンテンツを展開している、日本コカコーラと角川書房がコラボして発刊している無料のスマホマガジンでした。

へ~、こういう時代になったんだなあ・・・と感慨にふけるのも束の間、お願いされた取材の日にちがあっという間にやってきました。毎日朝から夜まで落ち鮎追っかけていたら、取材の日にちを忘れかけていたほど忙しかったのでした。

大阪から二名。東京から一名、四万十川を素晴らしく扱って頂けるとの事ですから、私も頑張らないとなりませぬ。しかし、取材時は既に落ち鮎漁のピークを過ぎた頃。昼間の漁は苦戦を余儀なくされました。

でも頑張ったかいがあって、なんとか撮影に耐える漁もあり、終わった時は心底ほっとしたとこです。

男のスマホマガジン 週刊ジョージア。ここで多くを語ることなかれ。気になる方は、是非週刊ジョージアで検索なさってください。真冬の働キング というコーナーで取材されております。このホームページでの報告がおそくなったっため、バックナンバーでご覧になるようかと。アップされたのが、たしか昨年末の26日でしたので、週刊誌ですから前の項に載っています。

取材時の写真をアップしておきます。

ではでは、報告でございました。

_s2a1771

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る