四万十川が大増水!台風18号の爪痕は・・・・・

今回の台風は嫌なコースをやってきました。上流部でかなり雨が多く、四万十川は今年一番の大増水となりました。残念なことに川に流されてしまった人も二人おったようです・・・・

今月でウナギ漁はおしまいなのですが、最後にウナギのイシグロ漁で良いウナギをとりたかったのですけれど、おそらくこの大増水で川の中のイシグロは全部とんでしまったことでしょう・・・・・

苦労してたくさん作って期待していたものが無くなってしまったわけです。でも腐ってる暇はありません。 流れが速く仕掛けを入れられない時、こんな時は釣りで少しでもウナギをとっておきたい、ということで、早速増水の四万十川へ船を走らせて偵察してきました。

昼からは餌のミミズを堀りにあっちこっちへ。しかし、思うようにミミズもおりません。梅雨時期はいくらでもいるのに、夏を過ぎると見つけづらいのです。しかし、汗だくになってなんとか餌も確保。

夕方薄暗いうちから船を出して川の流れを読みながら場所を選定して釣りスタート。

あんまり芳しくない感じで期待感が薄れつつある中、7時をすぎて地合がやってきた。うなぎ釣りはこの地合が戦争みたいに忙しい!あっちの竿こっちの竿、針結んでる時にとなりの竿があたり、糸結んでる時にとなりでもあたり、ミミズを握って指先が汚い時も隣で・・・夢中になって次から次にこなしていたら、餌も底をつき、同時に地合も終わってしまいました。

気がついたらそこそこの釣果。汗だくで虫に刺されながらミミズ掘って、夕方から濁流増水の四万十川に船を出して、そこそこ手間もかかってるのでこのくらい釣れてくれたらやった甲斐もあったてもんですね。

さて、この濁りがあるうちはフルパワーで出かけてきます。なにせ、今月でウナギ漁はおしまいなんですから。

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る