高知県民文化ホール 浜野安宏 黒澤雄一郎 対談

今度の17日 日曜日。やっと浜野先生とセッションできます!前日16日に四万十川に来てもらい、そこでもおそらく取材があるでしょう。何せ浜野先生が高知に来ることなどなかなか無いですからね。
せっかく来てくれるのだから、四万十川と中村の夜とを存分に楽しんでもらいたいですね。
今回の対談は、私としても出たとこ勝負な感じでとても面白そう! 映画、Teton 山の声 の上映の後に四万十川や高知の川を守るにはどうすればいいか、経験豊かな先生のお話を聞けるのはとても貴重な事です。
対談後には会場の方々ともセッションできたら楽しいですね!
とにもかくにも、高知の川を何とかしないと、というムーブメントを起こしたい。今回の企画はまずその第一弾となります。
これからもいろいろ考えて、行政などに訴えかけていきたいですね。
実行力、効果のある対策をとれる組織を作り、高知県の自然を、川を守りたい。
そんなことを考えています。このままでいったら、川漁師、専業の川漁師、ということですが、専業では食えなくなる日もすぐそばまで迫っています。
高知県が、四万十川が、そんなことでいいんでしょうか・・・・?
一緒に川を守っていきたいという人たちがたくさん集まれば、変えることはできます。今回はそんな提案もしたいと思っています。

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る