NHKで四万十川 青のり 漁 (アオノリ スジアオノリ)取材されました。

今年もNHKさんからアオノリ漁の取材をお願いされました。
一ヶ月遅れのアオノリ漁の為に、報道陣様もしびれをきらしておりましたが、ようやく漁も順調に進み、干場の様子も取材したいとのご要望がありまして、放送していただきました。
取材をしてくださるNHKの四万十市局長は、四万十川を守っていきたいという気持ちを持っておられるので、私もできる限りご協力ができればと思って、毎回お世話になっています。
川漁師が存在しているということは、川がまだ生きているということです。そして、専業の川漁師がいることによって、川をめちゃくちゃにさせない、という行動が起こせるのです。
なにしろ、専業の川漁師であれば、川は職場です。川の番人である私たちが力を持っていれば、行政もそうそう簡単に環境破壊はできないし、させません。
最後の清流 四万十川 この名に恥じないような川でなければいけないし、この川は日本の財産です。
残念なことに、年々 専業の川漁師がいなくなっています。兼業、や、遊びの漁師は沢山おりますが・・・・・・・・・・・・・・
とにかく、川漁師の地位をあげるために、がんばっていかなければなりません!

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る