磯の花形!シイ。 こちらではやめられないとまらない、〇っぱえびせんみたいなツマミ。

この貝、シイ、といいます。 磯に降り立つとびっしり磯を覆いつくすように繁殖しています。 正式和名はたしかムラサキインコイガイだったっけな?違っていたらご指摘ください~^^

しかし、この写真のように大きいものは珍しいんです。みんな目の色変えて採るのでなかなか出会えないビッグサイズなのです。どこにでもある シイ ですが、身の詰まったデカいのはなかなか沢山採るのが大変。

これは地元の磯の達人にご好意で穴場に連れて行っていただき、私にとってははじめて出会った大きな奴なのです。

これ、ほんと美味いんです。手を貝のエキスでぐしょぐしょにしたまま焼酎のグラスがべったり汚れますが、そんなの気にしてられるか!ってな勢いで、次から次へとクチに運びたくなっちまうのです。

それこそ、ほんとに やめられないとまらない状態。 無我夢中。恍惚となってしゃぶる。ほうばる。

気付いた時にはべろんべろんの酔っ払い。 これぞ高知!って感じの夜にはこいつがお供でないと寂しいのです^^

 

 



関連記事

  1. 四万十川の天然スジアオノリの特別番組を高知放送さんでやってくれました。以前、川エビでも同じ番組のコー…
  2. 今年の冬は本当に寒かった。しかし、昔は四万十市、中村の冬の寒さはこんなもんだったらしいです。近年温暖…
  3. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  4. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る