落ち鮎の最強の食べ方!塩煮と一夜干し。

四万十市中村では、落ち鮎を塩煮という食べ方で食べる文化があります。
落ち鮎というと、世間では今ひとつ価値のない、くたびれきったアユというイメージですが、塩煮という料理にかかると、もう、これは金を出しても欲しい!!!!!
って思ってしまう最高の味なのです。もうびっくりですよ。
それと、落ち鮎漁も終盤になってきますと、小型の鮎でまだ卵を持っているのが多くなってきます。これらを一番美味しく食べるのが、一夜干し。
塩水に半日浸しておき、あとは一晩、寒い外に出して干しておけば完成!丸干です。
これをしっかり焼いて頭からおもむろにガジガジ丸ごとかじる!う~ん、旨み凝縮!たまりません。焼酎のお湯割りがどんどん減っていきます。
毎晩でも飽きない、品のある美味さです。 これは是非、県外の落ち鮎の採れる地域でもやっていただきたい!
ほんとうに美味しいですよ~~~~~~~~~~~~!

関連記事

  1. 四万十川の天然スジアオノリの特別番組を高知放送さんでやってくれました。以前、川エビでも同じ番組のコー…
  2. 今年の冬は本当に寒かった。しかし、昔は四万十市、中村の冬の寒さはこんなもんだったらしいです。近年温暖…
  3. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  4. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る