年末の四万十川  例年ならちょっとずつ、青のり(スジアオノリ)が伸びていくのですが・・・・・・・

本日クリスマス。 もう年末というのになかなか暖かい。 例年どうり、アオノリの干場の準備を整えました。しかし、肝心の青のりが全くないのです・・・・・・・・・

普通なら、川のあちらこちらで、収穫するまでは伸びきっていないけどスジアオノリがチラホラ見えていないといけません。伸びないまでも、せめて川底が緑色に色ずく位にはなっていないといけないのです。

しかし、今年は・・・・・珍しく12月に大水が出たせいか、はたまた異常に高い海水温のせいか、全く緑色になってくれないのです。これは本当に困った・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュースでは百うん十年ぶりの暖冬、なんていってます。 こりゃ、ダメかも。こんな冬の四万十川、見たことありません。

もちろん私達漁師が一番困ってしまうのですが、困るのは漁師だけではありません。 アオノリを取り扱う業者、ひいてはエンドユーザーまでもが打撃を受けるのです。

なんてったって四万十川の天然青のりは、全国の天然物の中で、80パーセント以上のシェアを誇っているのですから。逆に言えば、それだけ日本の河川は壊されてしまって、良いアオノリがつかなくなっている証拠ともいえますが・・・・・

四万十川の青のりは、香りが別物です。周辺の河川にも多少アオノリが付く場所がありますが、四万十川のとでは香りが違いすぎて一目瞭然!四万十川のスジ青のりの一級品ぶりったら、そりゃあ凄いのですよ。

もう、近くにいるだけで、良い香りがプーンと。こちらではプンつく、なんて言いますね。炊きたてご飯の上に、手で、もみくちゃにした青のりをおもむろに載せて、醤油をぶっかけて頂くと、顔中、頭の中まで青のりの良い香りが充満してしまう程、プンつくのです。

これがとれないと全国の方々が困るのです。なんとか寒波が続いて水温が下がってアオノリが繁殖してくれますように。

といっても、本日、このクリスマスの最中、私の青のり干場に、なんと!つくしが!芽吹いていたのです。

こりゃあ、やっぱり・・・・だめかもな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1451035828680

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る