落ち鮎漁が解禁になりました!

毎年12月1日は四万十川の落ち鮎漁の解禁日です。 今年は前評判では豊漁の予感と言われていましたが、開けてビックリ玉手箱!全然鮎がいないんです。
ベテラン漁師の奥様で、船を操船させたら四万十川でもトップレベルの方に操船をお願いして、いざ出陣!。しかし、魚が見えません。さすがの人間魚群探知機とさえ言われている方でも、
魚がいなけりゃどうにもなりません・・・・・。それでも何回か少ない群れを捉えて、初物を夕食に食べるくらいはとれましたが、あまりの予想との落差にがっかり。
本当に漁は水物ですね・・・・・・・・・
こんなに魚が少なくちゃ、寒風吹きすさぶ中、川で頑張る気にもなれません。でも、やっぱり、気になってちょこちょこ川を見に行ってしまうんですがね(^^)
気温もぐっと下がり、これから上流に残っている鮎がどんどん下ってきてくれることを祈って、毎日川をチェックしに行きます。
水面に群れる鮎のハネ(群れが固まると鮎は飛び跳ねます。)をじっと川面をこらして見つける。ほんの一瞬のチャンスを見逃さずに、静かにアプローチして、投網を投げる。
うまくタイミングがあえば、網の中で鮎が多数きらめいて上がってくる。その瞬間を待ち望んで、漁師は一日中川辺で過ごすのです。
冬の紫外線と、北風で、ほっぺたが真っ赤になっている今日このごろ。1417404413123

1417429383108

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着 おすすめ 特集記事
  1. BS朝日 魚が食べたい 四万十川の天然鰻 最高の天然うなぎを食べてもらうため、四万十川本流にて天然うなぎ漁を取材して頂きました。

  2. 四万十川の天然うなぎ サッカーの前園さんを四万十川の天然うなぎ漁にご案内。とった四万十川の天然うなぎの最高の美味しさを味わって頂きました。

  3. 四万十川の川漁師が生き続ける為に 四万十川の変貌と川漁師の危機 高知放送ドキュメンタリー「最後の清流はどこへ」 について。

  1. 4月の事ですが・・・土佐人力 という番組で紹介されました。

  2. 遅くなりましたが本年最初の四万十川の魅力をお伝えした番組の報告です。

  3. 2021年 四万十川の天然鰻 ウナギ漁のまとめ。

  1. 四万十川 天然うなぎ 下りウナギ 四万十川の天然鰻は日本一

  2. あさチャンの取材 四万十川の鮎漁

  3. 四万十川 川漁師としての意見 テナガエビ 禁漁措置について。

TOP