ノッチさん。グラビアアイドル 池田ゆりさん。四万十川で天然ウナギをとりたいです企画。カンムリっていう番組のロケ。

RCC 広島の放送局から四万十川で天然うなぎを番組で捕まえたい、との連絡が。。。。。時期は五月の下旬。 その時点で先方様には、まだ水温も低く、望みは薄いですが、ということをお伝えしました。
話が進むうちに番組の内容がわかってきたのですが、夕方四万十川に到着して、とれてもとれなくても、番組の主役に仕掛けさせてほしいということで・・・・・
まず、仕掛けに要する時間が夕方遅くに到着では圧倒的に短いので、仕掛けの数が少なくなる。そして仕掛けるのが漁は素人さんときた。水温は低い時期だし本当にこりゃあ、望みが薄いよ・・・
でも、この番組、とれなくてもいいんですって。バラエティー番組で、面白おかしくできればよい、とのことなので。そういう意味ではこちらも気楽にやらせていただけました。だって、自分が仕掛けるとなると、テレビでとれないなんてのは、まさにプロとしての恥。本気で仕掛けることになりますが、これは、そこは八卦の漁。自然相手の事なので100%はありません。とても気を使う部分なのです。なので労力も半端ないのです。

ということで、今回はお笑い芸人のノッチさん。美脚グラドルの池田ゆりさん。のご案内です。
何しろ鰻漁にはまだ時期が早いため、ウナギの活性は低い。そういう時にはウナギはあまり動きません。なので、隠れているであろうウナギの住処に直接アプローチしていく手段がこの時期はいいのですが、それには少々労力が・・・
冷たい水の中に潜って仕掛けてもらわないといけないのです。
夕方暗がりの中でウエットスーツを着て冷たい水に潜るなど、美脚美人の池田さんにはまず無理なお話です。個人的にはそっちのほうが美しくて絵になるとは思いますが・・・いやあ、あの「すらりと長い美脚でウエットスーツで潜ったらさぞかし美しいだろうなあ・・・
なので、流れとしては当然ノッチさんがこのハードな漁に挑んでいただくことになりました。
何しろ時間がないので仕掛けるコロバシの本数はたったの6本。これでは確率低すぎますね・・・
でも自分が仕掛けて一度も外したことのないポイントでやってもらったのでほのかな期待はあったんですが・・・
やはり水中まで自分もついて潜って指導してみるべきだったんでしょうが、それでは僕が仕掛けたことになってしまう。なので一から十までノッチさんにやってもらうことになりました。
仕掛ける場所の簡単なレクチャーの後、行ってもらいました。船からドボン! 
なかなか川の太い水圧で潜りなれないのか、夕方で暗いしドンピシャの場所に仕掛けられない模様。
素人さんには難しい漁です。ましてや仕掛けの数も少ない。 でも、ノッチさん、寒さに震えながらかなり頑張りましたよ。池田さんも撮影班も番組のお揃いtシャツだけで夕暮れの寒い川原で頑張りました。
いつものことながら、ドキュメンタリーやニュースよりもバラエティー番組はこちらとしてもやりやすい。周りのフランクな雰囲気が饒舌にしてくれるし、いちいち変な緊張もしないで済みます。
ノッチさん、とても素敵な人でしたよ。とっても腰が低く、目の奥にナイーブな光が見え隠れ。しかし、仕事は全力投球。芸人さんって厳しい世界ですよ。漁師も安定とは程遠い、自然の力になすすべもない、そして究極の実力社会で
すが、芸人さんも屋根の下にいられない、生活の安定を守られない、究極の実力主義、いつも仕事のオファーが来るように全力なんです。
お互いがんばりましょうよ、ね。

日も明けて翌朝。これ以上ないほどの晴天に恵まれましたが、放射冷却で一気に水温ダウン。 余計に悪条件に・・・とれてるかな?とれてないかな?
この続きは番組 カンムリにて。ネットで配信もしている人気番組とのことですので、カンムリで検索してみましょう。 おそらく放送は6月下旬あたりからだと思います。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着 おすすめ 特集記事
  1. BS朝日 魚が食べたい 四万十川の天然鰻 最高の天然うなぎを食べてもらうため、四万十川本流にて天然うなぎ漁を取材して頂きました。

  2. 四万十川の天然うなぎ サッカーの前園さんを四万十川の天然うなぎ漁にご案内。とった四万十川の天然うなぎの最高の美味しさを味わって頂きました。

  3. 四万十川の川漁師が生き続ける為に 四万十川の変貌と川漁師の危機 高知放送ドキュメンタリー「最後の清流はどこへ」 について。

  1. 4月の事ですが・・・土佐人力 という番組で紹介されました。

  2. 遅くなりましたが本年最初の四万十川の魅力をお伝えした番組の報告です。

  3. 2021年 四万十川の天然鰻 ウナギ漁のまとめ。

  1. 四万十川 天然うなぎ 下りウナギ 四万十川の天然鰻は日本一

  2. あさチャンの取材 四万十川の鮎漁

  3. 四万十川 川漁師としての意見 テナガエビ 禁漁措置について。

TOP