雨はウナギ漁の大事なファクター!

うなぎという魚は雨が降った後には自分のお気に入りの住処から出てかなり広範囲に餌を探し求めます。逆を言えば、水が動かない、雨がずっとない、などの条件のときはほとんど住みかから動かずにじっとしている模様です。

漁師はうなぎを採る為に雨を心待ちにしています。一口に雨といっても、あまりに大水だと仕掛けをいれられません。なかなか漁に丁度の雨というのも毎回あるわけではないのです。

また、そんな丁度の雨のときに沢山入れる仕掛けの分の餌を調達できるとも限りません。時期によってはこれがなかなか難しい・・・遊び程度の数の仕掛けならなんてことないのですが・・・

今回も限られた餌の量で仕掛けられる数もそんなに多くはなかったですが、その分じっくり考え、無駄の無いよう、しっかり仕掛けてきました。自分としてはまあまあ納得の漁果だったと思ってます。

今日は日差しがさしてきて蒸し暑い! かと思ったら投稿中の現在は雲行きが怪しい・・・ほんと変な天気です。

140701_1459

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る