明日から(12月1日)から、四万十川は落ち鮎漁解禁です!

1417338188215
初冬の四万十川の風物詩、落ち鮎漁の解禁がついに明日に迫りました。普段、舟を置いてある場所から落ち鮎漁ができる水域まで、船を移動します。
途中に浅瀬がたくさんありますから、汽水域の場所では潮が満ちてくる時間までまって、(潮待ち)船を移動します。
川舟は相当浅いところでも滑るように走りますが、流石にエンジンのスクリューの深さ分は確保しておかないとスクリューのペラを破損してしまいます。
仲間のおんちゃんと時間を合わせて一緒に四万十川を遡上していく。冷たい風をきって川面を走るのは気持ちいいですよ!
いつ操船しても、この四万十川は素晴らしい。このまま綺麗な流れを保っていてもらいたい。。。壊すのはいつも行政ですから!

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る