四万十川の青のり アオノリ漁 今日解禁しました!

今年は四万十川のアオノリ、生育が非常に遅れています。年末の爆弾低気圧の時に一時成長が見られましたが、その後消えてしまいそれからずっと伸びていきませんでした。
例年なら1月の頭には解禁しているのに今年はようやく1ヶ月遅れでようやく解禁にこぎつけました。
四万十川のアオノリの解禁とは?これは、エンジン船でカナコという漁具を引っ張って採取する漁法なのですが、その漁場が決められており、その場所、また、カナコ引きでの採取を解禁する、ということで、手鉤といわれる漁具にて採取の場合は特に解禁などなく、アオノリが生育したら見つけた人から漁を始めるというのが常です。
アオノリの成長は例年に比べてあまり芳しくない状態ではありますが、それでも綺麗なアオノリを初めて収穫する喜びは大きいですね。
今年も出会えた!嬉しい瞬間です。また明日から毎日川をチェックして、どこに良いアオノリがついているか探し回りながら漁に励みます!

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る