うなぎの延縄漁

大物を狙ってとりに行くときは延縄漁が有利なのです。 大きめの餌を付けることにより小物は掛からない。なおかつコロバシ(うなぎ筒)に入ってこれないような太くて長い主みたいなのもいるからです。
ただし、コロバシの場合は一つの仕掛けに複数入ることも多々あるのに対して、延縄は一本に一匹。エサ取りにやられる。ラインに絡んで死んでしまう。穴に入って引き出せないで逃す。などデメリットもいっぱい。
ウナギは生命力が非常に強い魚ですが、急所がありまして、エラに針が掛かると一発で弱って死んでしまいます。それに陸上でも湿っていればしばらく生きていられる強さも持っているのに、水中での酸欠にはすこぶる弱いのです。
エアレーション無しの水に入れておくと簡単に死んでしまいます。
針で腹が敗れていてもなかなか死なないのに、ホントにエラに関しては弱い。
今回はどうしても大物が欲しくてあまりやらない延縄漁をやりましたが、やっぱり穴から引き出せずにとれなかったのや、エラにかかって死んでしまったりが多数出ました。
こうなると出荷できないので勿体無いのです。
我が家で食べる分をとるにはいいのですが、それじゃあ仕事で頼まれている分を満たせないので・・・・・・
まあ、美味しくいただいて気分一新してまた頑張ろう!

1438319375563

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る