四万十川の天然青のり スジアオノリ 解禁しました。高知放送の取材を受けました。

本日、1月28日にようやく四万十川の動力引き(動力引きとはエンジン船にてカナコという漁具を使用して採取する方法)における青のり、スジアオノリ漁が解禁しました。

報道陣も待ちかねており、今日はテレビ局と新聞社とに同乗していただき、取材を行いました。

今年はとてつもない暖冬で、通常なら年末には青のりが見え出すのが、いっさい青のりが生育していなくて、その後も全然ダメな状態が続き困っていたところに先日の西日本の大雪と相次ぐ寒波で一気に青のりが伸び出して、やっと今日解禁できました。

解禁の判断はなかなか難しくて、皆待ちかねているので一刻も早く漁場を開けて漁をスタートさせたい気持ちもあるのですが、船で採取すると一気に沢山とれるので少ない量の青のりで解禁してしまうとあっという間に無くなってしまう危険性もあるし・・・

四万十川中央漁協 青のり組合の長をさせていただくようになってから、解禁の判断を任されているのですが、皆の気持ちと青のりの状態とのバランスをとりつつ、今年はとても良い状態でのスタートがきれて良かったです。

このまま長いあいだ良い状態で青のりが生育していってくれたら本当に良いのですが、自然相手の商売、ましてやエルニーニョの暖冬という悪条件でどこまでこれが続くか・・・・・

アオノリは寒くないといけないのです。

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る