四万十川 河口域から海へ! 漁船のメンテナンス。

今年はどうも例年に比べて気候がヘンテコな感じがする今日この頃。 もう六月に入るというのに朝晩が寒いくらい。 水温も低いのかウナギの活性もイマイチな感じです。ということで、この暇なうちに所有している海の漁船を整備して万全の状態に仕上げてきました。 この船はもともとはシラスウナギ漁に使用するつもりで手に入れたのですが、未だにまともに使ってやれずに宝の持ち腐れ状態だったのです。

というのも、シラスウナギ漁は、漁の区分が河川区域の許可と、海の区域の許可とに分かれており、自分はほとんどの漁を河川内で行ってきたので使う出番がなかった訳なのです。

しかし、昨年度は海で結構な漁獲もあがっており、いざという時に使えるようにしておかないといけない!ついでといってはなんですが、楽しみで海の魚も釣りたいし、そんなこんなで船底の塗装やら、アノードの交換、などを行ってきました。

四万十川はそれこそ広大な汽水域を抱えています。時には川舟だけでは太刀打ちできないような場合もありますし、河口域と海区との境界で漁を行う場合にはどうしても海の漁船が必要になってきます。

ディーゼルエンジン、ヤンマーの4LMという48馬力のエンジンは、すこぶる調子も良く燃費も最高。さらにこの船は波にも強い。スピードはあまり出ないけど、沿岸をうろちょろするにはこれくらいの大きさの船が上等なのではないでしょうか。 さて、船のほうは準備が整ったので、後はしょっちゅう海に出て慣れなければいけませんね。 ただ、これから川漁、ウナギ漁の最盛期になってくるので、どれだけ余暇の時間がとれるかが問題ですね。

1464825093133

 

 

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る