四万十川 天然うなぎ 天然鰻 天然ウナギ いよいよ最盛期に突入か?!

今年は気温が低い日が続いて低調な滑り出しだった鰻漁、昨年に比べたらとれなくてヒヤヒヤしておりましたが、ようやく梅雨らしい天気になり、ムシムシもしてきたので、なんとか太いのがコロバシ(うなぎ筒)に入りだしました。

やはりコロバシを引き揚げた時に中でゴトっって重たい音がして、蓋を開けたらぶっといのが入っていたら興奮するもんです。

この時期が来たら毎日頭の中はウナギのことばかり・・・あそこではああしてやろうか、こっちではこんなことしてみようか、道具も改良を重ね進化していきますし、ほんとに面白い。

ただプロとしてやっている以上、良いうなぎをたらふく食べられないのだけが残念なことで・・・一度でいいからとった鰻、かたっぱしから食ってみたい・・・

たいてい今時期のうなぎは細いものが多くて、なかなか極太サイズで揃えるのが難しい。秋なら割と容易く太いうなぎを揃えられるのですけどね・・・

今回は短い期間で極太を数本揃えて欲しいとの要望があるのですが、なかなか大変なことなんです・・・

なにしろウナギは条件が合わないと例え100本しかけようとも数本しかとれない、しかも小さい、細い、ナンてことがざらにあるのです。

しかし次から次と欲しい!と言われることには感謝しないといけません。そしてそれがプレッシャーとなり頑張れるのです。

今年もより一層精進して頑張っていかないと! 本当に四万十川の天然うなぎは貴重なのですから。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着 おすすめ 特集記事
  1. BS朝日 魚が食べたい 四万十川の天然鰻 最高の天然うなぎを食べてもらうため、四万十川本流にて天然うなぎ漁を取材して頂きました。

  2. 四万十川の天然うなぎ サッカーの前園さんを四万十川の天然うなぎ漁にご案内。とった四万十川の天然うなぎの最高の美味しさを味わって頂きました。

  3. 四万十川の川漁師が生き続ける為に 四万十川の変貌と川漁師の危機 高知放送ドキュメンタリー「最後の清流はどこへ」 について。

  1. 4月の事ですが・・・土佐人力 という番組で紹介されました。

  2. 遅くなりましたが本年最初の四万十川の魅力をお伝えした番組の報告です。

  3. 2021年 四万十川の天然鰻 ウナギ漁のまとめ。

  1. 四万十川 天然うなぎ 下りウナギ 四万十川の天然鰻は日本一

  2. あさチャンの取材 四万十川の鮎漁

  3. 四万十川 川漁師としての意見 テナガエビ 禁漁措置について。

TOP