四万十川 青のり すじ青のり スジアオノリ 

すじ青のり漁が忙しすぎて更新を怠っていました。今も忙しいのですが・・・
高知放送、高知さんさんテレビにスジアオノリ漁の解禁の状況を報道してもらいました。
写真のコメントにあるように、最高に質の良い青のりが採れていますが、寒波のおかげでなんとか漁が成り立っている状況です。とにかく、四万十川の川底が変わってしまっています。これで水温が下がらなかったらはたして漁が成立していたかどうかもあやしい。アオノリは水温が低くないと成長しないからです。
こんなに底が砂だらけになったら川の生き物はどんどん減っていくのです。
土建業、酷い河川改修。無駄な工事。川を壊す工事。そして山林伐採とそのために無秩序につけられている作業道、これがまかり通っているうちは川に未来はない。
しっかりしてくれ高知県行政。 地元の陳情とそれにからんで動く土建、そして国交省。川のいじり方を知らなすぎます。
彼らに簡単に川をいじれない構造を速く作らないと!ガイドラインの制定を作ることを急がないとどんどん川が砂まみれになってしまいます。
高知県は川の国。観光で発展していくうえで今のやり方は本当に逆行している。
次回更新はまた時間ができたときに。 NHKさんでスジアオノリをめぐる環境の変化への警鐘を特別ニュースでやってもらったので、それをアップします。

関連記事

  1. 四万十川の天然スジアオノリの特別番組を高知放送さんでやってくれました。以前、川エビでも同じ番組のコー…
  2. 今年の冬は本当に寒かった。しかし、昔は四万十市、中村の冬の寒さはこんなもんだったらしいです。近年温暖…
  3. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  4. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る