天然うなぎ 四万十川の天然うなぎ 最上級の天然ウナギです。

天然ウナギを追っかける時期は、本当に体力的につらい。あっちこっちかけずりまわって、船で動いて、餌も採らねばウナギもとらねばで体力消耗。どんどん痩せていきます・・・こんなすさまじい漁は何歳までできるかな・・・

西日本は今年は梅雨が遅れて、なかなか天然ウナギ漁は一般的に最盛期に入ってこなかった状況でしたが、入梅と同時に台風、前線による読めない豪雨の危険の中で思うように仕掛けが入れられず困っています。
あまりに豪雨だと仕掛けが全部流されて全滅、なんてことも・・・・昨年は天気予報を信じて仕掛け、しかし天気予報は大外れ!50本もの仕掛けを失ったりと、けっこうリスキーな時期でもあるのです。
最近の天気予報はもはや予報ではなくてリポートか?というくらいころころ変わるのであまり信用なりません。

そんな最中なので、今日は久しぶりに家でゆっくり。ずっとご無沙汰だったホームページに投稿です。

一般的には天然ウナギ漁は雨が降らないと難しいとされていますが、私は雨の少ない時に天然うなぎを採るのは得意なのでまずまずの漁果には恵まれています。

天然うなぎというものは、大雨が降って、水が濁った時に住処から這い出してきて広範囲に泳いで餌をとるのですが、雨が降らないで水が少ないと動きたがらないので、それを動かして獲るには少々のコツがいりますね。
そのシビアな水の読み、駆け引きが面白い。 逆に水の出たときは少々落ち着いた流れに仕掛けてやれば簡単に捕獲できるので漁の腕試し、というか、面白みに欠けるでしょうか・・

ま、遊びでとってるわけではないので面白いとか言ってる場合ではありませんけどね。

数日前、まだ入梅の前に、忙しすぎてバテてしまったので、出荷には少々小さいのを焼いて食べたら、鰻というのは本当に凄い!  天然ウナギだからかもしれないけど、あんなに疲れてだるくてたまらなかったのに翌朝には元気になりました。体調が良くないときに食べて翌日熱が下がったりもするんですからやっぱり天然うなぎの滋養はすごいんだなあ、といつも感心します。

また、四万十川は約200キロの流さのある大河で、しかも水源の山から海までの勾配差がとても低く、ゆったりと練り上げられてくる養分豊かな水の上、途中に大都市を一つも挟まないため、ダイオキシンとか水銀とか、体に良くないものは一切無し。広大な汽水域を抱え、そこで育つものなど間違いなく日本一でしょうね。そんな綺麗な広大で養分豊かな汽水域を持っている川は、日本にはもう四万十川しかありません!
たいてい大河の汽水域というのは途中の都市部からの汚れがたまる場所でもありますから・・・だから四万十川のウナギは貴重なんですよ。
もしかしたら四万十川の天然うなぎだから、こんなに疲労回復しちゃうんでしょうか??この川のすじ青のりの香りが別格に良いのと同じように、きっとウナギにも良い条件がそろっているんでしょうね。

さ、明日以降、天気を観ながら、しかし天気リポートになってる予報に頼り切らずに、難しい判断です。頑張ります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着 おすすめ 特集記事
  1. BS朝日 魚が食べたい 四万十川の天然鰻 最高の天然うなぎを食べてもらうため、四万十川本流にて天然うなぎ漁を取材して頂きました。

  2. 四万十川の天然うなぎ サッカーの前園さんを四万十川の天然うなぎ漁にご案内。とった四万十川の天然うなぎの最高の美味しさを味わって頂きました。

  3. 四万十川の川漁師が生き続ける為に 四万十川の変貌と川漁師の危機 高知放送ドキュメンタリー「最後の清流はどこへ」 について。

  1. 4月の事ですが・・・土佐人力 という番組で紹介されました。

  2. 遅くなりましたが本年最初の四万十川の魅力をお伝えした番組の報告です。

  3. 2021年 四万十川の天然鰻 ウナギ漁のまとめ。

  1. 四万十川 天然うなぎ 下りウナギ 四万十川の天然鰻は日本一

  2. あさチャンの取材 四万十川の鮎漁

  3. 四万十川 川漁師としての意見 テナガエビ 禁漁措置について。

TOP