うなぎの出荷は気を使います。

うなぎを出荷するには色々気を使います。なにせ四万十川の天然鰻、高級食材なのですから・・・・。

まずは捕獲してから数日は、餌を完全に吐き出させるために飼っておきます。 この際、ウナギが元気でいられるように水の管理を徹底します。
これがなかなかに大変な作業で、水が汚れないように絶えず管理しないといけません。
いよいよ出荷の時には、綺麗な地下水に、あらかじめ同じ水で作っておいた氷を用意。
うなぎ袋と呼ばれる2重のポリ袋に水と氷を入れて、うなぎの自ら出す粘液を洗い流してから袋に投入、そして酸素をたっぷり充填して荷造りとなります。
私の場合は、出荷時に使用する水には、あらかじめ酸素を充分に溶かし込んでおいて、その上でまた袋に酸素を充填するようにしています。
卸先である関東方面までは約22時間かかります。そしてこの酸素が有効な時間が約24時間と言われています。なのでいつもヒヤヒヤするのです。
もう本当に祈る気持ちなのです。
無事に到着したとのご連絡を頂き、良いうなぎですね!と言われてはじめてホッとするのです。
どこでもドアが欲しい今日この頃であります・・・・・・・・・・

14371250040711437125045894

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る