秋も深まり美しい四万十川 四万十ブルー モクズガニ漁

鮎もウナギも禁漁になってしまい、めっきり寂しくなった秋の四万十川。唯一残された漁はツガニ(モクズガニ)漁くらい。
暇になったので早速仕掛けを入れてみたらなかなか大きなのが採れました。
これは上海蟹と同族のカニですが、四万十川の栄養豊かなきれいな水で育っているのですから本家本元よりよっぽど上等だと思っています。
ミソが、そしてメスには内子といわれる卵が入っていてたまりません。しばし飼っておいてかぼちゃを食わせると味が良くなります。
さて、秋のの四万十川。水がどんどん澄んでいきます。漁はなくなるけど、私はこの時期が大好きです。
私の船も澄み切った水の上で気持ちよさそうに浮かんでいます。こんな景色が毎日見れる、職場がこんなにも美しい、家のすぐ近所の環境がこの川なのですから私は幸せだなあと思います。
秋には四万十川ウルトラマラソンなどのイベントも盛りだくさん。この美しい四万十ブルーを見に来てみませんか?

1445117095975

関連記事

  1. 今ちゃんの実は。この番組は高知では放送されていません。私の出身の関東圏でもやってません。大阪のテレビ…
  2. ある晴れた日に、四万十川の川辺で一生懸命アオノリを洗っていたら、顔なじみのテレビ高知の支局長さんがふ…
  3. 例年八月もお盆を過ぎる頃になると、四万十川の中、下流域に太いウナギが増えてきます。これは一説には産卵…
  4. 今年の夏は本当に悪天候続きで川エビ漁泣かせ・・・ ただでさえ四万十川では川エビが減ってきており、そろ…
  5. 高知県西部を流れる四万十川は全長196キロで、日本一の清流とも呼ばれています。流域には、かつて多くの…
ページ上部へ戻る